あやかしとむすめ

殺りん話を、とりとめもなく・・・  こちらは『犬夜叉』に登場する 殺生丸とりんを扱う非公式FANサイトです。

あなたが望み、欲しいと願っているものを <5>


「・・・りん、そのまま、動くな」
 
「え・・・?」


 
殺生丸を跨ぎ、膝で立っているりんの腰を浮かせると、形のいい指を、そっとりんの内股に滑らせる。
先ほどから溢れている蜜で、殺生丸の指は、いとも簡単に滑った。
 
「ひ、あぁ・・っ」
 
「・・・いつの間に、こんなに濡らしていた・・・?」
 
「あ、あ・・・んっ・・・や、だめ・・・」
 
とろとろに溶けた秘部を、殺生丸の長い指がかき乱していく。
脳天に抜けるような悦楽に、りんはたまらず、身を捩った。
 
「あっ・・・ああんっ・・・!」
 
「動くな、と言っている」
 
「や、そ・・・無理・・・っ きゃ、あんっっ!」
 
とろける蜜の中で、一番敏感な部分を、触れるか触れぬかのところで、殺生丸の指が掠めていく。
しつこく繰り返されるその動きに、りんの腰はがくがくと震えた。
 お願い、ちゃんと触れて。もっと。もっと。もっと。もっと。お願い。 そう思ってしまう、自分がいる。
あまりのいやらしさに、りんは恥ずかしくて、ぎゅっと目をつぶった。
りんの内側から蜜が溢れ、殺生丸の手に水音をたてながら落ちていくのが、自分でも分かる。
目を閉じると、ますます、殺生丸の指の動きを敏感に感じてしまう。
 
「もう、これだけ濡れていれば、舐めてやる必要もないか。いつから、こんなに淫らになった・・? りん・・・?」
 
「う、あ、やぁ・・・っ 」
 
下半身が、がくがくと震えている。
もう、膝で立って居られない。
りんがそう思った時、殺生丸が 「 手をつけ、りん 」 と言った。
 仰向けになっている殺生丸の顔の上に、覆い被さるように四つん這いになったりんは、加えられた更なる刺激に、思わず背を反り返らせた。
 
「きゃぁんっ!! やぁ、いやぁ、だめぇ・・・っ」
 
下半身を指で愛撫しながら、りんの乳房の先を、殺生丸が口に含んだのである。
りんは、ここが一番敏感だ。ここに加えられる甘い愛撫には、どうしても抗えない。
 敏感になった胸の頂を口に含まれ舌の上で蹂躙されて、りんは、びくんびくん、と背を反らす。
と、同時に殺生丸は、長い指を、ようやくりんの蜜壷の中に滑り込ませた。
 
「あ、あぁ―――・・・っ」
 
「洪水だな、りん」
 
「ああっ・・・! ああ、あん、あぁぁ・・・っ!」
 
長い指で、蜜壷の中の蜜をかきだすように動かすと、りんは全身を震わせた。
長い中指で奥をかき乱しながら、ぬるぬるに濡れた敏感な蕾に、親指で触れる。
 
「ひぁぁぁ・・・・・っっ!!」
 
先ほどから、ずっと触れるか触れぬかのところで焦らしていたのだ。
りんは、この刺激をずっと待ち侘びていたはずだ。
親指で花弁の中の粒をそっと擦るように手を動かすと、瞬間、りんの中が、きゅぅっ、と痙攣した。
 
「きゃあぁぁ――・・・・っ ぁ・・っっ」
 
焦らされて焦らされて、ようやく与えられた強い刺激に、りんはあえなく達してしまったらしい。
自身を支えられなくなった腕が、がくりと折れた。
柔らかなりんの胸が、殺生丸の顔に押し当てられて、激しく波打つ心臓の音がこだまする。
 
「あ、はっ・・・あ、あぁ・・・あ・・・」
 
・・・・まだだ。 まだ、足りない。
達したばかりで息も絶え絶えのりんを、上半身だけ持ち上げ、殺生丸は口元に笑みを浮かべた。
 
「・・・・私を、気持ちよくさせるんだろう?  りん」
 
そのまま、りんのしとどに濡れた秘部に、熱くなった己の塊をあてがう。
 
「・・・・私は、体が動かん。 お前に動いてもらおうか」
 
「・・はぁっ・・はぁ・・・・・」
 
言うことをきかない身体を持て余しながらも、りんは持ち前の素直さで頷く。
だが、殺生丸は、今はもう全く体が動けないわけではない。
先ほどからりんが発している瑞々しい精が、殺生丸の空っぽになった妖力の源へ注ぎ込まれている。
その気になればいつでも上になれるが、せっかくりんが自ら動こうとしているのに、それを遮る必要は どこにもないだろう。
りんは、とろんとした表情のまま、達したばかりでまだ痙攣している腰を持ち上げ、震える手で、殺生丸の熱い塊に手を添え、そのままそろそろと腰を落としていく。
 
直後、蜜壺を押し広げる圧倒的な質量に、りんの背中がしなる。
二つの熱が解け合うあまりの快感に、りんは全身を粟立たせた。
 
「あ、ああああ、あぁ―――――っ」
 
「・・・・く・・・っ」
 
充分に濡れてとろけたりんの襞が、殺生丸を、吸いつくように包んでいく。
殺生丸から、動け、と言われたからだろう。 りんは震える体で、必死に腰を持ち上げて、上下に動きだす。
そのたびに、りんから甘く濃厚な蜜の香りが、放たれる。
 
「ぁぁ・・・んっ あ、あ、あぁ・・・・っ」
 
下から突き上げたい衝動を必死に押さえながら、殺生丸はしばらく、りんが腹上で動いているのを、眺める ことにした。
乱れた小袖はもはや、肩からおちて腰のあたりにまとわりつくばかり。
己の意志で動き、快感を得るのは初めてなのだろう。
りんは、目を閉じて肩で息をしながら喘ぎ、全身に汗の粒を浮かべ、本能の赴くままに体を動かしている。
こんなゆっくりとした動きだけでは、いつもの――― 気を失うほどの快楽は、得られないだろうが。
 
(もっと、高みに登れ、りん―――・・・ )
 
殺生丸は目の前で上下する、しとどに濡れたりんの蜜壷に、手を伸ばした。
さきほどは、蕾に触れただけで、すぐにりんは達してしまった。
まだまだ、ここは十分に可愛がってはいない。
・・・まだまだ、これからだ。
 
「きゃうっ!!」
 
突然、花弁の中の粒に加えられた刺激に耐えられず、りんは反り返って、涙目で殺生丸をみた。
殺生丸が、結合部分に手を添えて、一番敏感な部分を、指で刺激しているのだ。
 
「あ・・・・や、だめ、殺生丸さま・・・っ そんな、こと、されたら、りん、イっちゃうよぉ・・・っ 動けなく、なっちゃう・・・っ」
 
「・・・・いつもより、敏感だな」
 
新たな刺激を加えられて、もはや上半身を支えることもままならないりんは、腰を動かすことができなくなってしまった。このままでも弾けてしまいそうだ。
全身を粟立たせて、震えている。
 
待ちきれなくなった殺生丸は、思い切り下から突き上げた。
もう、これ以上、我慢できない。
 
「きゃぁぁぁ・・・っ」
 
激しく突き上げてくる殺生丸に、きゅぅぅっ、と、りんが締め付けてくる。
しとどに濡れたりんの秘部が、溢れ出す泉のように激しい水音を立てた。
 
「いやぁ・・・っ だ・・・め・・・っ いっちゃう・・・・!」
 
激しく痙攣する体と、粟立つ全身。
またあっという間に、りんは達してしまったらしい。
 
「・・・・・まだだ」
 
もはや、己の身体を支えることもままならぬりんの手首をつかむと、殺生丸は再び、下から突き上げる。
まだ、足りない。 この熱を鎮めるには、まだ。
 
「 わたしを、気持ちよくするのだろう・・・? りん・・・! 」
 
「ひ、・・・きゃうっ・・あぁぁ・・・っ!」
 
何度も何度も下から突き上げられて、その度にりんの身体は宙に浮き、また激しく貫かれる。
さながら手錠のように固定された手から、りんが逃れられるはずもない。
まるで、嵐の中で蹂躙される木の葉のよう。
もう充分に達したはずなのに、それでも快楽の頂点の波は、繰り返し繰り返しりんに訪れる。
もはや、抗う声すら出ない。息をするのも、おぼつかない。
浅い息の中で、襲い来る悦の波の中で、溺れてしまう。
 
りんが絶頂の波を越える度に、殺生丸の動きは力強さを増していく。
突き上げられる熱い塊に、もう、どれだけ達したのか、分からぬほど――――――
 
わずかに残った意識のなかで、りんは、思った。
 
 
( ―――――もう・・・だめ・・・おぼれ、ちゃう・・・)
 
 
それは、ヒトが耐えられる限界を越えた、快楽の海―――
 
 
・・・殺生丸がようやく果てたとき、りんは、艶めいた薔薇色の頬に微笑みを浮かべたまま、気を失っていた。







 <6>へ 
 
 

拍手[23回]

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7