あやかしとむすめ

殺りん話を、とりとめもなく・・・  こちらは『犬夜叉』に登場する 殺生丸とりんを扱う非公式FANサイトです。

繰り返されるエピローグ 

 


 
 


 


 


「大丈夫」


  


りんは、そう繰り返した。


私に向かって、何度も、何度も。


  


「大丈夫だよ」



 


 


どうしてそう断言できる・・・?
 

なにが大丈夫なのだ。



お前は、知らぬのだ。


―― わたしの苦しみは、お前が去った後に訪れる。


  


「…また、会えるから……」

 

お前はそういって、微笑むだけだった。



「…また、絶対に会えるから……」




 
りんの記憶は、その儚い命とともに消えるだろう。




 …りん。


記憶を失ったお前が、どうやって私を見つけるというのだ…?






生まれ変わっても、お前が同じ姿とは限るまい。


どのような姿になっているかも分からず、声も言葉も違うかもしれぬ。




 
それでも、いい。


逢えるのならば、いい。


 


だが、それは叶わぬかもしれぬ、残酷な夢ではないか――。


 



私はりんを失い、けして癒えぬ悲しみを抱え、闇の中を歩いていくのだ。


…もはや、生きることに何の価値があろう。


 


 


「―― りん…」


 


 


それでも、私はただただ、お前の名を呼ぶことしかできなかった。

…己の内を焦がす絶望と悲しみを、隠したまま。

 



「…大丈夫…だから、待ってて…」


「殺生丸さまの…ままで……待ってて……」


  


そう、お前に微笑まれてしまっては。

 


 
「 …お願い……ね……」

 

  

 

 


――― お前が微笑んだまま、呼吸を止めて。


 







再び縁が巡るまで、私は永い永い時を、待つこととなった。


 
いまわの際の、りんの言霊だけを絶えず繰り返しながら。


 


 


 











 


 


 


 


 

拍手[15回]

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7