あやかしとむすめ

殺りん話を、とりとめもなく・・・  こちらは『犬夜叉』に登場する 殺生丸とりんを扱う非公式FANサイトです。

無垢なるものは、すでに去った

 


 


 


かつて、孤高の妖怪、と呼ばれた妖がいた。


 無垢な人間の少女をただひたすらに愛し、また少女からも同じように愛された。


 人間の少女は、その妖に寄り添い、120年の時を生きた。


 老いることのなかった体は、最後まで少女のまま。


その命尽きるまで、その唇から微笑みを絶やすことはなかった。


 


「……待ってるから…」


 


最後の言葉まで、桜色の唇で。


 


「……また会えるのを…未来で…待ってる」


 


 
少女を失った妖の絶望は、果てしなく深かった。


その言霊に縛られたまま、妖は世を彷徨うこととなる。


 


永く、永く。 


 


かつては知らぬ者のなかったその妖の名を、知るものがいなくなるほどに、永く。


 

 

 

救いとなるは、ただ一つの希望。


その無垢なる者の言霊を灯に、闇の中をさまよい続けることとなった。


 


 


 


・・・愛しい無垢なる者が、すでに去った闇の中を。















原作編
原作終了後編
新婚編
輪廻転生編へ 
動画リンク
MENU

 

 

拍手[14回]

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7