あやかしとむすめ

殺りん話を、とりとめもなく・・・  こちらは『犬夜叉』に登場する 殺生丸とりんを扱う非公式FANサイトです。

神楽の気持ち、考察。


 
神楽のことは、書けそうにない、と以前言ってたことがありました。

まあ、殺りん至上主義だったので、そこまで思いを至らせることができない、という
ことでもあったわけなのです。

今回、ちょっと基本に立ち返ろうと思いましてね。
殺りんの基本、ニコニコ動画の殺りんのほほえまシーンニヤニヤシーン
そんでもって極めつけの完結編の殺りんシーンまとめ動画を見てたんです。

これをUPしてくれた人、ほんと、天使だわ。
もう、100回は絶対に見てるもの。

簡潔編だけあって、原作とは少しシーンが前後しておりますが、
神楽が死んだ後のシーンで、りんが、「風・・・?」と呟くところがあります。
魍魎丸の前後ですな。

あの風は、神楽ですよね。

神楽が殺生丸一行に向けて吹かせた風は、どんな風だったんだろう、というのが、
今回、神楽の話を書こうと思ったきっかけでした。

「 絶対に奈落を倒してくれよな、殺生丸!! 」

とか、そんなメッセージが込められた風だったんでしょうか?

・・・・・多分違う、と、私は思ったのでした。
( まあ、少年漫画的には、そうかもしれませんが・・・汗 )
正解は、分からないです。 原作にも、それは書かれてない。

けど、普通に考えて、あれは神楽のために怒り、哀しみを覚えた殺生丸に対しての、
感謝の想いだったんじゃないのかな、と。

「 ・・・・・行くのか 」
「 ・・・・・ああ・・・もういい 」

その会話の後に、神楽は心の中で思ったわけです。

・・・・・・最後に会えた

最後に会えた。
もしも、まだそのあとに思う気持ちがあったなら、と想像しながら、今回のSSは書きました。

伝えたかったのは、多分、「 ありがとう 」 なんじゃないのかな。

二次創作ってのは、原作にはない  「 もしも 」 を想像し、形にしていく作業なわけですが、
わたしは 「 ありがとう 」 の後に、「 ・・・風に還って、あんたのまわりを巡ってやるよ 」 という
セリフが、出てきたのでした。

神楽は、やっぱり片思いなんじゃないのかな。

殺生丸にとって恋愛感情ってのは、ものすごく縁遠い感情だと思うんですよね(笑)
りんのことだって、あんだけ村に通って、貢物して(苦笑)、それでも実際にりんが
年頃になって色恋沙汰の話なんかが出てきて、やっと、

「 ・・・・他の男にやるのは、嫌だ」

とか思うタイプだと思うわけですよ(笑
原作のあの状況で、神楽に同情や憐憫はしても、恋愛感情までは抱くまい、と思うわけ。

だから、神楽は片思いなのです。
さらに、最後の言葉は、

・・・・あたしは風だ。 自由な風だ。

なわけですよ。
そりゃあ、やっぱり、殺生丸の近くにいたいんじゃないんでしょうかね・・・?

優しい気持ちでいてほしい、ていうのは、私の願望かもしれません。
犬夜叉を読んで泣いたのは、唯一、神楽が死んだ時でしたから。

白夜も死に際に言ってます。
「 奈落が死ねば、共に滅びる身だ。 未練は無いね 」・・・と。

・・・・・神楽は、他の分身たちに比べたら、まだ幸せな死に方をしたのかもしれませんね・・・。



奈落って、ほんとサイッテーだな、あんのワカメ (っ`Д´)っ!!!



とりあえず、結論はそういうことだ。 アホワカメめ。
 
 

拍手[15回]

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7