あやかしとむすめ

殺りん話を、とりとめもなく・・・  こちらは『犬夜叉』に登場する 殺生丸とりんを扱う非公式FANサイトです。

太陽はただ、のぼることを繰り返すのみ

 


 

 

 

「―――― おお、殺生丸さま、美しゅうございますなあ・・・」

 

茜色に染まった朝焼けの空高く、輝く銀色の白尾に掴まった侍従が、しわがれた声でそうつぶやいた。
年老いた侍従の声は、風の音に紛れて、銀色の妖の耳に届く。



「・・・・・・」


「りんが見れば、さぞかし喜ぶことでしょうなぁ・・・」



 

数百年まえであれば、このような言葉を発しようものなら、侍従は蹴落とされて大空に舞ったに違いない。
だがそういえば、もう何年も、そういう扱いを受けていない。



 

・・・いつ頃からだろう。

あれは、人頭杖が重くて重くてたまらなくなった頃からだろうか。




 

最近では、寝たきりになった侍従が 「 殺生丸さまと共に空を飛びとうございます」などとワガママを言うと、時たまこうやって空に連れ出してくれるようにもなった。

殺生丸さまはずいぶん丸くなられた、などと出来損ないの年老いた侍従は笑う。





「殺生丸さま、りんへの土産は何にいたしましょうや」


「・・・・・・」


「新しい着物など、ご用意いたしましょうかの」




 


「―――――― 邪見」




「はい」


 

 

「 邪見よ・・・りんは、もうおらぬ」

 





白濁した侍従の大きな目が、とまどったように見開かれた。
ゆらゆらと視線が揺らぎ、主の視線を受け止めてようやく、侍従は我に返った。





「・・・・ああ・・・そうで・・・そうでございましたな」





顔の半分ほどもある目がくしゃりと閉じられると、大粒の涙が空を舞う。




「申し訳ありませぬ・・・」

 

ぽろ、ぽろ、ぽろ。 ぽろ、ぽろ。

 

「そうでありましたな・・・りんはもう、おらぬ。 おいたわしや・・・・殺生丸さま」

 

「・・・・・・鬱陶しい、泣くな」

 

「申し訳ありませぬ・・・」



 

 

「・・・・邪見」




「は」

 



 

―――― おまえも、もうすぐ、逝くのか





―――― はい  

―――――― 申し訳ございません 殺生丸さま




 

言葉にせずとも、伝わる。
不出来な侍従は、主が無口なことを知っている。

 


・・・時は、過ぎる。残酷に、容赦なく。


美しい深紅の朝焼けも、この神のように美しい大妖には何の価値もない。

太陽が、ただ昇ることを繰り返しているだけ。
ただ、それだけのことだ。

りんがそれを愛でるからこそ、殺生丸には価値があった。


・・・だが、年老いた侍従の願いを少しばかり叶えてやるくらいなら、付き合ってやらなくもない。
最近は、そう思う。





「・・・・」


「・・・殺生丸さまは、お優しくなられましたな・・・」




白尾に掴まっていることすら危うい侍従は、泣きながら目を細めて笑う。

侍従には、主が白尾の形を変えて、年老いた自分が大空に落ちたりしないように、気を使ってくれているのがわかる。
かつて主が、愛する人間の娘にそうしていたように。

 



「ありがとうございますじゃ・・・」




「・・・・・・」



「・・・殺生丸さま」



「何だ」



「ワシは・・・りんの言っておったことを、信じてみようと思うておりまする」



「・・・なんのことだ」



「また・・・お側に参りまする。 生まれ変わっても、また」


 

「・・・・・・」

 




「・・・お許しいただけますでしょうや?」



 


銀色の長い髪が風をはらんで、ざあ、と靡いた。
主の表情は、背を向けられた侍従には見えない。


 

「・・・くだらん。 母上の元に戻るぞ」

 


侍従は白尾の中で目を細めて笑い、はい、と答えた。
ほろほろと、また涙がこぼれて大空に溶けた。

 

 



―――――― 言葉になどせずとも。



――――――――― 許す、という言葉が、侍従には聞こえた気がした。

 

 

 

 

 


 


 

 

拍手[20回]

comment

邪見様が…!

  • ちよこ 
  • 2015/10/03(土) 23:41
  • edit

なんとも切ないです。
邪見様まで…いつかりんちゃんと再会する時、邪見様にもいてほしいものですが…
いつまでも変わらない殺生丸も、なんとも切ないですね。
(ノД`)・゜・。

Re:邪見様が…!

  • 愛美 〔管理人〕
  • 2015/10/04(日) 10:50

邪見さまも200年くらいはどうってことなさそうですが、300年となるとさすがに老けてくるのかなあと思いながら。大妖怪って本当に孤独な存在ですね…(´・ω・`)
どのような再会が待っているのか…お楽しみに。

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7