あやかしとむすめ

殺りん話を、とりとめもなく・・・  こちらは『犬夜叉』に登場する 殺生丸とりんを扱う非公式FANサイトです。

すべては神の手の上で

 

 

 


「・・・逝くのじゃな」


「・・・ああ。後を、頼む」

 

 


「――― つまらなくなるな」

 

 


わらわがそう呟くと、あやつは面白そうに血の滲んだ口角を上げた。

 


「――― 私は、楽しかったぞ。そなたがいてくれて、楽しかった。すまんな、最後まで面倒を掛ける」

 

「・・・馬鹿もの。 少しは残される身にもなってみろ。」

 


わらわが怒ると、傷だらけの頬が、少しだけ疲れたように笑った。

 

 

「・・・すまん」


「・・・ほんに、良いのじゃな」
                                                   

         

 

「ああ・・・・・・もう、思い残すことは、何もない―――――― 」

 

 

 

下界で炎に包まれ、ボロボロになっていたくせに、微笑みながら、あの男はわらわの胸の中で、息絶えた。

 

 

 

ほんに、嘘ばかり言いおって。


何が思い残すことはない、じゃ。
本当は後のことが気にかかって仕方がなかったくせに。

 

まったく、あんな心配性で子煩悩な妖はみたことがない。

あやつの残した二本の牙はそれぞれの息子に受け継がれた。
あやつらしい小細工を残したままで。


鉄砕牙は、あの危うげな半妖の犬夜叉に。
天生牙は、未だ「大切なもの」を知らぬ殺生丸に。


すべて、あやつがこの世を去ってからのこと。
いったい、闘牙は、どこまで先を見通していたのだ。


・・・殺生丸が人間の娘を愛することも、闘牙は見越していたのだろうかの。


変なところがよく似た親子だからの。
己と同じ轍を踏んで、殺生丸が人間を愛してしまった時のことも、あいつは考えておったのやもしれぬ。


そう、闘牙が一番よく分かっておったはずじゃ。
人間を愛してしまったが最後、共に過ごせるのは、ほんの瞬きするほどの間であること。
・・・死に別れた後は一人、癒えぬ孤独に苦しみながら生きるしかないことも。
あやつの場合は計算が狂って、自分の方が先に逝ってしまいおったが。

 


そして殺生丸の手に、慈悲の刀が残された。

 


さあ、それをどう使う、殺生丸よ。

父上の声が、聞こえるかえ?

 

娘はもう、この世にはおらぬ。

されど、そなたは分かっているはずだ。
あの娘は、そなたに言い残したであろう。


永い永い輪廻のその向こうに、また出会える未来があることを。

 


――― だが、その未来は、果てしなく遠いのう。

 

しかし、そなたはそこへ向かって生きるしかあるまい。
どんなに孤独であろうとも、そなたは歩み続けるしかないのじゃ。


・・・・天生牙を泣かせるでないぞ。


天生牙を手にしたそなたにしか成せぬことは、地上には山のようにあろう。

人間たちの怨唆の声に満ちた下界は、悪霊のるつぼのようじゃ。

天生牙に宿る、父上の言の葉に耳をすませ。

そうして天生牙と共にあの小娘を待ち続けることでしか、そなたの魂は救われまい。

 

 

生まれ変わったばかりの娘の命、魑魅魍魎どもに喰われぬよう、せいぜい神々の手のひらの上で働くのじゃな。

 

 

数世紀も待ちわびた娘の笑顔を思えば、何のことはなかろう。

天生牙も働きがいがあろうて。

 


この世のすべては、神々の手の上じゃ。


・・・のう、殺生丸よ。

 

 

 

 

 

  

拍手[17回]

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7